薬剤師 復職

1度、退いた薬剤の仕事、でももう1度、復職したい。
こんな思いを抱いている女性薬剤師さんは数多くいます。
思い切って、薬剤師の転職サイトに登録してみてはいかがでしょうか?

薬剤師の復職をサポートする転職サイト

薬剤師は資格があれば、全国どこにいても働くことができる職業です。
そして、女性薬剤師の割合は、右肩上がりになっています。

女性看護師の復職は難しい?しかし、女性にとって結婚、出産といった人生の転機には仕事を一旦、辞めなければならないこともあります。

また、夫の転勤で、仕事を辞めなければならなくなってしまうケースもあります。

そんな中、職場に復帰したいと思っている女性の薬剤師さんも多くいると思います。
子どもの教育費がかかる時代、復職をしたいと望んでいるママ薬剤師さんも当然いますよね。

その様なブランクのある薬剤師のために転職サイトがあります。

復職を考えている人のためにおすすめの転職サイト

業界トップクラス!薬剤師転職サイト「薬剤師転職ドットコム」
復職は失敗したくないから、業界トップクラスの転職サイトに登録!

日本最大級の薬剤師専門転職ポータル「薬キャリ」
ママさん薬剤師のサポートならお任せ!

まずは短期・スポット・派遣から「ファルマスタッフ」
いきなり復職は不安、だから短期、スポットで慣れることも自信につながります。

薬剤師転職サイト【ドットコム】は

<薬剤師の復職ならお任せ東証一部上場グループメディウェルの薬剤師転職サイトです。
会員薬剤師10,000名突破。満足度95.8%を占めています。

会員一人一人の「納得」を基準に独自のネットワークを活かして「満足のいく採用」を目指しています。

求人票だけでは得ることができない現場の雰囲気、人間関係、募集の背景、休暇取得状況、忙しさといった「本当に知りたい情報」をお伝えします。

そして書類、面接対策、条件交渉などまでしっかりケアします。

高収入・土日休み・勤務地・駅から近いなどあなたのこだわりにお応えします。

職場復帰を果たしたママさん薬剤師

復職を成功させて女性薬剤師出産、育児、しばらく離れていた薬剤師という仕事。
子どもを保育園に預けることが決まり、短時間で働きたいと思っていました。

薬剤師転職サイトがある時代。複数のサイトに登録をしましたが、多くの情報で混乱してしまいました。
そんな時、ドットコムに登録をし、長く働けて、融通の利く職場を希望したところ非公開求人を紹介していただきました。

子育てに理解のある職場で、子どもを安心して保育園に預け、仕事ができます。
(週30時間、社会保険加入 時給2,200円)

女性薬剤師さんが多い中、復職を希望している薬剤師さんもいますが、条件が合わずに思うように働けない人もいます。

でも、全国に拠点を置いているドットコムにお任せすれば、希望通りの職場が見つかります。

↑ PAGE TOP

ママさん薬剤師が多く登録している【薬キャリ】

【薬キャリ】は日本最大級の薬剤師専門転職ポータルです。

ママさん薬剤師が多く登録していて、「子育て」「家庭を両立した仕事」をサポートしています。
こだわりの条件にも「ママ看護師におすすめの案件」も揃えています。

薬剤師専門なので、病院や調剤薬局の求人に強く、業界・勤務形態を問わず幅広いご希望に対応

常勤、パート、さらに派遣と自分にあった勤務形態を選ぶことができます。

20年のブランクからの復職

20代の時に薬剤師として働いていましたが、結婚を機に仕事から退きました。
薬剤師復職子どもも私の手から離れ、もう一度、働いてみたいと思うようになりました。薬剤師の資格があるので、復職できたらと思っていましたが、20年もブランクがあり、不安でした。

でも、前に進まないと始まらないと思い、薬キャリに登録してコンサルタントの方に相談しました。

ヒアリングをしっかり行っていただき、ブランクがあっても大丈夫な求人を紹介してくれ、さらに、セミナー、勉強会の紹介をしてくれたお陰で、無事、復職できました。

時折、研修も受けることが出来、今ではブランクを感じないで働くことが出来ています。

ブランクがあるから、と不安を抱えている人も多い中、この方の口コミはとても勇気を与えられるものです。

↑ PAGE TOP

短期・スポット・派遣なら【ファルマスタッフ】

ファルマスタッフは東証一部上場の大手調剤チェーン第2位の「日本調剤」グループが運営している転職エージェントです。

薬剤師復職ファルマスタッフでは1つ1つの就業先にキャリアコンサルタントが必ず直接訪問し、 職場の状況を具体的にヒアリングしています。(内部事情に詳しいということです)

そのため、求人情報が他社よりも非常に濃く、職場の雰囲気や経営状況、 残業などの忙しさなど、デメリットな情報であっても現場の生の声を しっかりと求人に反映しています。

「薬剤師の派遣」に力を入れていれ、派遣については業界トップです。
教育制度のある職場、スポットも扱っていえるので、復職を考えている人はこのファルマスタッフに登録するのがベストですね。

子育てと仕事を両立している薬剤師さん

出産を理由に辞職をしましたが、子どもが小学校に入学したのを機会に、復職をと思い、ファルマスタッフに登録しました。
薬剤師復職派遣を扱っているので、子育てと仕事の両立をと思っている人にはおすすめです。

子どもが熱を出した時には、派遣なら早退しやすく、時間の融通もきくので、迎えに行くこともできます。
さらに小学校に近い薬局を紹介してもらい、言うことなしです。

↑ PAGE TOP

ブランクがある薬剤師が気を付けたいこと

出産・結婚で薬剤師の仕事から離れてしまった人、他にも色々な理由で仕事を辞めてしまった人。

出産、子育ての時期を経て、また薬剤師の仕事から離れてしまったけれど、もう一度復職してみたいと考えている人も多いのではないでしょうか?

その反面、ブランクがあり、薬剤の知識も薄れ、新しい知識など全然なく、ついていけるかと不安にさいなまれているのではないでしょうか?

復職にあたり、どうすれば失敗しなく、またスムーズに仕事が出来るかを考えてみたいと思います。

研修制度は強い味方!

ブランクがある人にとって不安は大きいのではないでしょうか?
「復職しても現場で働くための知識、また自信がない」と思っている人は多くいると思います。

そのために最新の知識、情報を収集しなければなりません。 でも、どのようにしてその知識を身に着け、情報を収集すべきか悩むのではないでしょうか?

薬剤師の復職を支援薬の最新情報(新薬の名前など)
保健制度などの詳細
医療業界の動き

と書くと頭を抱えてしまう人が多いと思います。

そこで注目すべきは企業が行う「研修制度」です。新卒者ではなく、ブランクのある薬剤師さんに現場で働いて欲しいと願うことからカリキュラムが組まれて用意されています。

ブランクが長い薬剤師さんでも安心して復職をしていただける制度になります。

人間関係も非常に大切!

研修制度を受けて、知識や情報も身に着けても職場の人間関係が良好ではなければ、復職は成功とは言えません。

薬剤師の復職を支援ブランクがあると何かと不利になります。そして時にはいじめの対象にもなりがちです。
特に小さなお子さんがいるママ薬剤師さんは周りの協力なしには気持ちよく働くことは困難だと言えます。

わからないことはすぐに質問でき、親切に教えてくれるといった人間関係が必要ではないでしょうか?

そのためにも短期やスポットと言った働き方で慣れることも時には必要です。

ママ薬剤師の復職にはママ薬剤師のいる職場

ママ薬剤師はママ薬剤師のいる職場に復職することも成功の秘訣です。
小さな子どもがいる者同士、困った時には助け合うことができます。

子どもが熱を出した、そんな時は休んで病院に連れて行かなればなりません。
シフトを変更するには同じ境遇の人がいるとお互いに助け合い、気兼ねなく休むこともできます。

同じ環境の薬剤師さんのいる職場に復職することがスムーズに仕事も出来る環境だと言えます。

↑ PAGE TOP

復職だったら転職サイト

薬剤師の復職を目指している人にとって、人間関係がよくて、研修制度があって、状況を理解してくれる職場を探すのって、難しいですよね。

薬剤師復職仮に探すことができたとしても、それはすごい労力が必要となります。
だからこそ復職を希望している薬剤師さんは転職サイトに登録することをおすすめします。

転職サイトのコンサルタントは薬剤師の仕事探しのプロです。
常に、自分が担当する地域の薬局・病院・企業などを周りながら、情報集めをしています。

子育て中、ブランクがあるなど個々の状況を理解し、希望にマッチした求人を紹介するのが仕事です。

復職を成功したいと思っていあたら、転職サイトに登録することをおすすめします。
登録したからと言って、すぐに復職しなければならないということはありません。
ブランクがあるからこそ、まずは転職のプロに相談しましょう。

6年制の薬剤師事情

2012年、初の6年制薬剤師が社会に出ました。
今後、この6年制の薬剤師のレベルが水準以上であれば、大手薬局、総合病院の薬局はこの新卒者を採用することを重点に置くことになるかもしれません。

だからと言って、しり込みする必要はありません。

数年のブランクがあるけれど、復職できるだろうか?医療の進歩に伴い、薬剤も色々なものが取り入れられている。ついていけるだろうか?

色々な不安が襲ってくるかもしれません。

でも、今は復職の支援プログラムも用意されているので、積極的に出て、復職の道の1歩を歩み出して下さい。

確かに総合病院は求められる知識、スキルが高いので、いきなりの復職は難しいかもしれませんが、皮膚科、耳鼻科、眼科といったクリニックの薬局、すなわち医薬品の種類が総合病院に比べて少ないところでしたら、負担もすくなく、ブランクのある人にはお勧めかもしれません。

その様なアドバイスも行ってくれるのが、薬剤師転職サイトです。

↑ PAGE TOP