薬剤師復職準備の勉強法

薬剤師が復職のための勉強法

薬剤師の復職 > 復職のための勉強法

復職に不安を抱いている人へ

ブランクが長ければ長いほど、復職が不利になるのはどの業種でもいえることですね。 子育てが一段欄した、子どもを預けることができる様になったなどの理由で、もう一度、仕事に復帰したいと考える薬剤師さんも多いと思います。

でも、いざ復職となるとその期間が短くてもブランクがあるから不安。 はたして仕事についていけるのか、家庭と両立ができるのかなどと悩みはついてきます。

ブランクがある薬剤師さんにおすすめの勉強

頭で悩む前に、先輩たちがどのようにその不安を乗り越えてきたのか、何を勉強したら良いかをまずはご紹介します。

情報を集めること

復職のための勉強法復職を決めたら、まずは薬剤師向けのインターネット(薬事日報、日経DIなど)で、新しい事柄を勉強することで、ブランクがあっても戸惑うことなく業務に就くことが出来ます。

スマホなどで移動時間、ちょっと時間の空いている時間で勉強することで、「塵も積もれば山となる」で、自信へとつながります。

薬事日報

医薬品産業の総合紙。薬事行政、経済、商工業同行、医薬、学術の報道、解説、統計、評論など全般にわたり、読者の高い信頼を得ています。

参考:薬事日報ウェブサイト

日経DI

薬剤師の日常業務やスキルアップに役立つ情報を提供するサイト。日経ドラッグインフォメーション(日経DI)編集部による記事を中心に、薬局薬剤師や病院薬剤師の執筆するコラムも多数。

参考:日経DIオンライン

研修制度の利用

公益財団法人の日本薬剤師研修センター、一般社団法人の女性薬剤師会といったところでは、薬剤師の研修制度を取り入れています。

独学よりも色々な人と一緒に勉強することで、必要な知識を取り戻すことができます。

研修制度のある職場を選ぶ

自分で勉強したり、公の研修制度を利用するのも良いですが、そのような研修制度を取り入れている職場も中には多くあります。

そのような職場はブランクがある人をも積極的に受け入れる傾向があります。
まずは、そのような職場に入って、勉強しながら仕事を行うことによって、実践を取り入れながらの勉強になり、身につくことにもつながります。

それには何と言っても求人・転職サイトを利用することが一番の近道です。
登録するときに、ブランクが〇年あるから、それを埋めることができる研修を受けることができる職場で勉強しながら働きたいと伝えると良いでしょう。

求人・転職サイトの中でファルマスタッフe-learning制度という教育制度を取り入れています。
これは医薬品をベースに実務から保険薬剤師に必要な法律、保険制度までドリル方式で学習できるプログラムです。

ファルマスタッフに登録することでe-learningを利用できます。

今ではブランクのある薬剤師さんも復職できる環境はかなり整えられています。
本当に大丈夫だろうか?と始めは不安もあるかもしれませんが、まずは、一歩を踏み出してみましょう。

自分でできる勉強法、そして公に勉強会も設けられています。
もう一度、薬剤師として働いて下さい。