ママ薬剤師の求人

ママ薬剤師の求人

薬剤師の復職 > ママ薬剤師の求人

ママさん薬剤師の復職・転職

出産などで薬剤師の仕事を辞めて、子育てに専念。
子どもも少し手から離れて、そろそろ復職したい、でも、子育ても仕事も両立が可能かと不安に思っているママ薬剤師が多いのではないでしょうか。

また、出産、子育てなどで今の職場では子育てと仕事の両立が難しいから転職したい。

そんなママさん薬剤師が多く登録している求人サイトをご紹介します。

ママ薬剤師におすすめ求人サイト

ママ薬剤師が復職・転職する時にはやはり職場環境が非常に大切になってきます。
そんな職場環境のことを考えて、求人を紹介してくれるサイトに登録して、復職・転職を成功させてください。

ファルマスタッフ

働きかたも色々

ファルマスタッフは正社員からパート、スポット、派遣までの求人を保有しています。さらに求人数は少なくなりますが、在宅として働くことも可能です。

職場環境はママさん薬剤師にとっては、非常に重要となってきます。
子どもの保育園、幼稚園の送り迎えがあるからと言って、定時でサッとひけるのは気が引けると思って、なかなか復職ができないと思っていませんか?

結婚、出産のため今いる職場は勤務がきついので、転職したいという人もいるかと思います。

そんな人には派遣がおすすめです。派遣はパートから正社員まで働き方もライフスタイルに応じて選ぶことができます。
さらに、残業も少なく、時給も良いのが派遣の特徴です。

この様に、ファルマスタッフはママさん薬剤師にとって働きやすい求人を揃えています。

働きかたも色々ファルマスタッフ
ファルマスタッフ

薬キャリ

ママ薬剤師向けの好条件求人多数

公開求人にはない好条件の求人を非公開求人として保有しています。
こちら↓が薬キャリのこだわり条件です。ママ薬剤師を応援していることがお分かりかと思います。

条件交渉もお任せ

子どもの急な発熱にも対応してもらえる、残業はできるだけない方が良い
でも正社員として働きたい。

家庭と仕事の両立のためにはどうしても希望条件は多くなります。
そんなママさん薬剤師のために条件交渉を利用しましょう。

薬キャリはママ薬剤師を応援しています。

ママ薬剤師におすすめの薬キャリ
あります!今よりアナタが輝く職場
薬剤師の求人ならエムスリーキャリア

薬剤師転職ドットコム

国内最大級の薬剤師求人サイトの薬剤転職ドットコム

転職満足度95.8%、「納得」を1番の判断基準としています。

託児所ありの駅近薬局、時短勤務可能や有給取得率が高い等ヘルプ体制が充実した求人を多く保有しています。
数多い非公開求人からあなたにマッチしたお宝求人を紹介します。

薬剤師転職ドットコム
業界トップクラス!薬剤師転職サイト「薬剤師転職ドットコム」無料会員登録

マイナビ薬剤師

利用者満足度No.1

マイナビ薬剤師は調剤薬局・企業求人に強みがあります。
企業求人と言えば、託児所などが一番完備されていて、ママさん薬剤師さんも働きやすい環境と言えます。

さらに、パート求人も多いので、フルタイムで働くことが無理なママさん薬剤師も週に3日とか、時間も子どもの送り迎えに支障がない程度に設定も可能となります。

利用者満足度NO.1 マイナビ薬剤師
薬剤師専門の転職支援サイト≪登録無料≫

ママ薬剤師におすすめの職場

今では働きながら子育てをしているママ薬剤師も多くいます。そのため、理解のある職場が多くなっています。
と言って、すべての職場が理解ある職場というわけではありません。

では、ママ薬剤師が働きやすい職場の特徴について考えてみたいと思います。

急な休みに対応

子どもがいると急な発熱などで休まざるを得なくなります。それも場合によっては頻繁に起きることもあります。
そんな時に休みが取れることがポイントになります。

ママ薬剤師の求人薬剤師の人数が少ないとなかなか思うようには休めません。
だからこそ、薬剤師の人員が多いところが良いと言えます。ただ、薬剤師が多いということは忙しいことにもつながります。

さらに離職率の高い職場ということも考えられます。
だからこそ、内部事情をしっかり調査することも大切となります。

急な休みに対応できるということは同じ状況の薬剤師がいることもポイントとなります。

職場にママ薬剤師がいる

これは重視したい条件です。たとえば、自分の子どもが急に熱を出した時、同じママ薬剤師がいれば、快く代わってもらうことができます。

病院薬剤師が穴場

調剤薬局は薬剤師がいなければ話になりません。
しかし、地方の病院となると薬剤師がなかなか来てもらえずに薬剤師不在の病院も少なくありません。

もちろん、病院の薬局でも薬剤師がいることは求められていますが、中には薬剤師ではないスタッフが仕事をしているところもあります。

だから万が一、子どもが熱を出して休まなければならない時でも、その時だけは他のスタッフが代行してくれます。

病院は比較的子育てに対して寛容なところが多いので、穴場と言えます。

薬剤師の資格・経験を活かす在宅

子育てをしながら仕事をしたいというママ薬剤師で在宅ワークを選ぶ人が増えてきています。

在宅の仕事なら、すぐ近くに子どももいるので、安心して仕事ができます。
その在宅の仕事とはどんなものがあるでしょうか。

メディカルライター

医薬品、サプリメント、健康食品、病気についての記事を作成したり、薬剤師の仕事についての体験談を執筆したりする仕事です。

このような記事は薬剤師であるという条件のもとに依頼がくることが多いので、現場にいながくても薬剤師としてのスキルを活かすことができます。

製薬会社代行

医薬品などに関する問い合わせに答える仕事で電話、メールでの対応になります。
専門的な知識を要するので、やりがいのある仕事の一つとなります。

文献翻訳

最新の医学・薬学分野に関連した海外の論文、また外国で販売されている医薬品の説明文などを翻訳する仕事になります。

ただ単に翻訳するのではなく、薬剤師の知識に基づいて翻訳するといったレベルも高いものになります。

英語が得意な薬剤師におすすめの仕事になります。

書類作成業務

医薬品開発受託機関、研究機関から依頼を受けて文書を作成する業務があります。

新薬の治験に関わる申請書類が代表としてありますが、こちらは細かな注意事項もありますので、事前のチェックが必要となります。

他にも臨床データなどを整理、管理する仕事(DI業務)も在宅の仕事としてあります。

在宅ワークは数が少なく、なかなか探しにくい職種なので、在宅を扱う求人サイトに登録することがおすすめです。
また、報酬が安く、常に仕事があるわけではありませんが、自分のペースで自宅で仕事ができるメリットがあります。

この様に、外に出て働くなら託児所があるところ、また子どもを預けて仕事をするのが不安なら在宅という働きかたもあります。

と言っても最終的には会社の環境次第ということになります。
子育てに理解がある職場であれば、自然にママ薬剤師が集まってきます。逆に子育てに対して理解がない職場になると、ママ薬剤師に対しても厳しい目の社員ばかりが集まり、結果として長続きしないことになります。

薬剤師求人サイトはあなたに合ったお仕事を紹介しています。
少しでも迷っていたら、まずは相談から入ってみてはいかがでしょか?

ママ薬剤師が外に出て働くなら

ママさん薬剤師の働き方は色々です。
でも、まずはその働き方のメリット・デメリットを把握した上で、自分に合った働き方を選びましょう。

正社員

正社員はフルタイムの職員のことを言います。
パートや派遣と違って、時間の融通は利きませんが、ママさん薬剤師も多く働いています。

有給休暇については取得しやすい職場となかなか休みが取れない職場があります。
社会保険などは加入することができ、契約も辞めたいことを伝えない限りは勤務が可能になります。

職場によっては条件が異なりますので、コンサルタントに確認してもらって下さい。

パート

何と言っても時間の融通は利きます。また責任も正社員ほど重くはないので、働きやすいと言えます。

短時間で働きたい、この曜日は休みたいなどお子さんが小さいママさん薬剤師にはおすすめの働き方になります。

薬剤師の時給は2,000円前後と比較的に良いと言われています。
有休も取得しやすく、時間によっては社会保険などの加入も可能となります。

派遣

所属が派遣会社となりますので、時間の融通も利き、子育てに専念したいけれど、時給が2,400円~3,000円という高額のため、収入も欲しいというママさん薬剤師にピッタリな働き方です。

ただ、契約期間というものがあるため、1つの店舗で長く働くことができません。
保険に関しては派遣会社の保険に入ることになります。

>>あなたの希望の働きかたを薬剤師求人サイトのスタッフに相談!

ママ薬剤師の復職・転職のまとめ

ママ薬剤師は何といっても子育てが大変な中、働くということです。
子育てと一言で言いますが、やることは山の様にあります。

ママ薬剤師の転職・復職パートといってもその仕事でストレスを抱えてしまったら、どうしようもありません。

ママ薬剤師が復職・転職の時の重要になることは「急に休むことがある」ということです。
それを受け入れてくれることがストレスなく働くことになります。

もし、それでも入職して最悪の職場でしたら、躊躇せずに辞めることも選択肢に入れましょう。

仕事と子育てを両立できる職場を薬剤師求人サイトで見つけましょう!

>>ママ薬剤師の復職・転職は求人サイトで!