ママ薬剤師がパートとして働くには

ママ薬剤師のパート

薬剤師の復職 > ママ薬剤師の働き方 パート

薬剤師のパートで気を付けること

高時給に惑わされない

パートで少しでも良い時給で働きたいというママ薬剤師さんもいるかと思います。

パートでも時給が高い求人を時々見るかと思います。もし、そんな求人を見つけたらあなたはどうしますか?

確かにどうせ働くなら時給は少しでも高い方が良いと思うのは当たり前ですよね。
でも、何故、高い時給なのか、それには「忙しい職場」「人間関係があまり良くない」などの理由で辞める人が多いから時給を高くして求人を出すケースもあります。

もし、高時給で働きたいのであれば、パートでも派遣に登録することで、一般求人の500円~1,000円アップの時給で働くことができます。

扶養控除枠に注意

薬剤師は時給が高いので、扶養のことは考えずに働く人が多いですが、でも中には扶養内で働きたいと考えている薬剤師の人も少なくはありません。

年収103万円以下

年収103万円以下であれば「配偶者控除」は受けられます。
また所得税も取られることなく、働いた給与はそのまま自分の収入として使うことができます。

年収103万円~141万円未満

103万円を超えると、まず配偶者控除から外されますが、「配偶者特別控除」が適用されます。
税金の負担を減らされるために収入に応じて課税されるというシステムです。

ここで気を付けなければならないのが130万円という壁です。
130万円をこえると配偶者特別控除の条件内でも社会保険を負担する必要が生じます。

年収141万円以上

パートでも141万円以上の収入になると配偶者控除は受けられなくなり、税金は自分で支払うことになります。

求人サイトに登録することで、年収の希望、そして勤務時間なども相談することで、自分の理想的な職場を紹介してもらうことが出来ます。

ママ薬剤師にとってパートとは

子育て中にでも働きやすい

勤務時間、曜日がパートの場合には選ぶことができます。
子どもが急に熱を出した場合でも交代ができるなど柔軟に働くことができます。

勤務先を選ぶことができる

パートは比較的、ドラッグストア、調剤薬局などの求人が多く、自宅から近いところ、スーパーが近いところなど場所を選ぶこともできます。

今では大型ドラッグストアも深栖津してきているので、薬剤師の需要も高くなってきています。

時給が高い

同じママでも薬剤師の場合は国家資格を必要とし、時給も良いので、働き甲斐もあります。
薬剤師のパートの平均時給は2,000円と言われています。

希望通りのパートを見つけるには

パートと言えども、やはり希望条件に合わなければ働くことはできないと思います。
数多いドラッグストア、調剤薬局の中からそんな求人を見つけるにはやはり薬剤師専門の求人サイトに所属するコンサルタントに頼ることが一番、良いのではないでしょうか。

履歴書の書き方、面接のサポート、条件交渉まで行ってくれます。